HOME>特集>自宅を発電所にして作った電気で儲けちゃいましょう。

目次

自宅に太陽光をするメリットというのは、何と言っても自分の家で発電する事によってその電気を電力会社に売却することにより利益をあげられるというところです。しっかりと太陽の光があたる場所で、かつ屋根の形状が太陽光パネルを乗せて発電するのに適している形であるならば、太陽光パネルを乗せて、自宅を太陽光発電所にする事で自宅で使う電気代を無くせるというのもメリットであると思います。

自宅を太陽光発電所にする事についてのメリットとしてその他に挙げられるのは、災害にあった時に自宅で発電した電気を利用出来るという部分です。近年は台風や大地震による長期間の停電が問題となっています。自宅を太陽光発電所にすることによって、売却する分の電気を利用することで災害時にも電気の無い生活をしなくても済むというのは、災害に備える上で大きなメリットであるといえます。

近年は、太陽光発電所により発電された電気を売却する家庭が増えていて、売電による利益が下がっていると言われていますが、そんなことはありません。今の太陽光パネルは価格が下がっているだけでなく、10年に一回の取り替えもしなくても大丈夫なくらい品質が向上しているのです。ですから、長い間設置していれば、将来的に太陽光パネル分のお金を回収して、電気の売却による利益も得られます。

自宅を太陽光発電所にするには、まず太陽光パネルを扱う業者からリースをして屋根に太陽光パネルを乗せるところから始まります。その時に、リース料を払って自宅の電気を自家発電に切り替えます。その際に売電を希望するのであれば、そこで売電の値段を契約し、はれて自宅で発電した電気を電力会社に電気を売却出来るのです。オール電化の家庭の場合には、太陽光パネルが入った値段で家を購入する事になるのです。

広告募集中